【橋本新聞販売株式会社】朝日新聞サービスアンカー
高崎東部店:〒370-0063 群馬県高崎市飯玉町42

ミニコミ誌「はしもと★ランド」> 【No.129】初夏の花紀行

初夏の花紀行

季節の花が出迎えてくれるオススメスポットをご紹介

高崎市 観音山 清水寺

西暦808年、征夷大将軍坂上田村麻呂が蝦夷征伐で戦死した兵の冥福を願って建てたといわれる由緒ある清水寺。観音山の中腹にある楼門からは高崎の市街が見下ろせる。石段の両側には多くの種類のあじさいが色とりどりに咲き揃う。普段この石段を利用してスポーツクラブの学生がトレーニングをしているが、あじさいの季節には、花を楽しむために訪れる人も多い。見頃は6月中旬。


【住所】高崎市石原2401

【お問合せ】清水寺 027-323-3214

※内容が異なる場合がございますので必ずお問合せ下さい。

清水寺

 

渋川市 小野池あじさい公園

小野池あじさい公園は渋川市の「市の花」であるあじさいが約8000株植えられている県内有数の名所。ゆるやかな斜面の散策コースになっている園内を、色とりどりのあじさいが覆い尽くす。毎年6月中旬から約1ヵ月間はあじさい祭りが行われ、夜は提灯などでライトアップも行われ、市の内外から多くの観光客が訪れる。見頃は6月下旬から7月上旬。入場無料、入場制限なし。


【住所】渋川市渋川2979(上ノ原)

【お問合せ】渋川市役所都市計画課 0279-22-2073

※内容が異なる場合がございますので必ずお問合せ下さい。

小野池あじさい公園

 

川場村 青龍山吉祥寺

1339年に円月禅師によって開かれた青龍山吉祥寺は、鎌倉建長寺派の中でも中核寺で、屈指の名刹と言われている。「花寺」とも呼ばれる境内は、四季を通して百種類以上の花が咲き乱れる回遊式の庭園となっていて、今の時期はかきつばたやあじさい、九輪草などが訪れる人を楽しませてくれる。九輪草の見頃は6月上旬頃。堅苦しい流儀なく気軽に抹茶を味わえる茶室も人気。


【拝観料】大人500円、子供250円

【拝観時間】9時〜17時(16時30分までに入場)

【住所】利根郡川場村大字門前

【お問合せ】吉祥寺 0278-52-2434

【HP】公式ホームページ

※内容が異なる場合がございますので必ずお問合せ下さい。

青龍山吉祥寺

 

高崎市 浜川運動公園

昭和58年に群馬県で開催された「あかぎ国体」の駐車場跡地に造られた池の周りに、地元の有志の方々によって植栽された花菖蒲。今では25種2000株に増え、訪れる人を楽しませている。池にかかる朱色の橋と、様々な色で咲き乱れる花菖蒲のコントラストが美しい。花菖蒲の見頃の期間は多くの市民が訪れにぎわう。入園無料・年中無休。


【住所】高崎市浜川町1487

【お問合せ】浜川体育館 027-344-1551

※内容が異なる場合がございますので必ずお問合せ下さい。

浜川運動公園

 

伊勢崎市 赤堀花しょうぶ園

「国指定史跡女堀」の遺構に2万4000株の花しょうぶを植えたのが「赤堀花しょうぶ園」。毎年6月になると見事に咲き揃った花しょうぶを見学に県内外から多くの観光客が訪れる。紫と白のグラデーションが、この時期の梅雨空に映える。満開時には「赤堀花しょうぶ園まつり」が開催され多くのイベントも予定されている。見頃は6月中旬から下旬。休園日なし、入園無料。


【住所】伊勢崎市下触町213

【お問合せ】伊勢崎市赤堀支所 赤堀経済振興室0270-62-1151

※内容が異なる場合がございますので必ずお問合せ下さい。

赤堀花しょうぶ園

 

前橋市 赤城山・新坂平

馬事公苑から赤城白樺ラインを登りつめた所にある、95haの広大な牧場に約10万株のれんげつつじが群生している。標高の高いところを好むれんげつつじは6月中旬頃に見頃となる。赤城山総合観光案内所のある新坂平付近もこの時期になると寒さが一段落し、新緑の季節を迎え、新緑の緑と朱色のれんげつつじのコントラストが美しい。


【住所】前橋市富士見町赤城山

【お問合せ】赤城山総合観光案内所027-287-8061

※内容が異なる場合がございますので必ずお問合せ下さい。

赤城山新坂平