【橋本新聞販売株式会社】朝日新聞サービスアンカー
高崎東部店:〒370-0063 群馬県高崎市飯玉町42

ミニコミ誌「はしもと★ランド」> 【No.149】春の到来を感じるイベントに出かけよう・・・

県内「早春のイベント」特集!

まだ寒さ厳しい毎日ですが、確かな春の足音がすぐ近くまでやってきています。

第9回新町ひなまつり

2月8日(日)より3月3日(火)の期間中、町内の商店や飲食店など約60か所にひな人形が飾られる。ピンクのタペストリーが展示会場の目印、雛めぐりマップを手に会場を巡って楽しめ、同時にスタンプラリーも行われる。メイン会場の行在所(あんざいしょ)公園では、開催期間中の毎週日曜日と3月3日にバザーなどのイベントを開催予定。明治天皇が宿泊したと伝えられる行在所には由緒ある雛飾りをはじめ、たくさんの雛飾りが展示され壮観そのもの。
尚、月曜日休業の店が多いので見学の際はご注意下さい。



【お問合せ】新町まちづくり塾(事務局:高崎市新町商工会) 
【電話】0274-42-0930
【HP】http://www.shinmachi.or.jp/

※内容が異なる場合がございますので必ずお問合せ下さい。

軽井沢

 

ぐんまフラワーパーク・ハナモモまつり

毎年恒例となったハナモモまつりが2月7日(土)〜3月22日(日)にぐんまフラワーパークで催される。ショッピングプラザのアトリウム内にて、ピンクや白の花が華やかに咲き誇る。ひな人形も飾られひと足早い桃の節句を味わえる。
ハナモモは観賞用に品種改良されたもので、花つきが良くたくさんの花をつけ見ごたえがある。



【営業時間】2月末まで午前9時〜午後4時、3月1日からは閉園が午後5時、入園は閉園時間の30分前まで
【利用料金】中学生まで無料、大人2月末まで300円、3月中は600円、4月以降は700円(夜間特別イベント2月末まで300円、4月以降400円)駐車料金無料
【お問合せ】ぐんまフラワーパーク
【電話】027-283-8189
【H P】http://www.flower-park.jp/


※内容が異なる場合がございますので必ずお問合せ下さい。

草津

 

藤岡市鬼石・鬼恋節分祭

昔、御荷鉾山には鬼が住んでいたという伝説があり鬼退治に手を焼いた村人は諸国を行脚していた弘法大師に退治を頼み無事退治する、そこから鬼石の名前がついたという言い伝えが鬼石に残る。2月3日(火)鬼石多目的広場(おまつり広場)にて毎年恒例の鬼恋節分祭が16時から賑やかに行われる。全国で追い出された鬼さんいらっしゃい!と「福は内、鬼も内」の掛け声で豆をまく「鬼呼び豆まき」や「鬼とジャンケン大会」、とっちゃなげ汁(すいとん)・甘酒のサービスなど、鬼のふるさとにふさわしいイベントが開催される。(内容は予定で変更される場合あり)



【お問合せ】鬼石商工会
【電話】0274-52-2062
【H P】http://www.onishoko.or.jp/

 

※内容が異なる場合がございますので必ずお問合せ下さい。

 

日光

 

吉井「仁叟寺」・大節分会

仁叟寺は吉井ICより車で2分程。室町時代に創建された由緒ある曹洞宗の寺院で1万坪の境内に17の諸堂が建立された県内有数の伽藍配置で霊場の荘厳な雰囲気が漂う。ここで毎年2月3日(火)文殊菩薩様の縁日に大節分会が行われる。「豆まき」がここでは「福まき」と呼ばれ、高さ4メートルの文殊堂の上から「福は内・福は内」の掛け声に合わせて住職や檀家、ゲストの人たちによって福豆や餅、景品が当たるボールなどが撒れる。「福まき」は午後1時から4時にかけて4回行われ特別賞は伊香保・天坊の宿泊券、縁起の良い景品目当てに毎年2000人を超える人々が訪れ賑わう。



【お問合せ】仁叟寺・高崎市吉井町神保1295
【電話】027-387-3080
【H P】http://jinsouji.net/

 

※内容が異なる場合がございますので必ずお問合せ下さい。

 

 

那須