【橋本新聞販売株式会社】朝日新聞サービスアンカー
高崎東部店:〒370-0063 群馬県高崎市飯玉町42

古都巡りTOPページ

古都巡りTOPページ(バックナンバー一覧)

古都巡り

古都、奈良・京都を舞台にした、歴史探訪連載「古都巡り」「上州をゆく」の著者・国定忠治(ペンネーム)が、古都から見つめる古代と現代。これから京都・奈良に訪れる方には、アクセス、まとめMEMOが便利です。何度でも旅したくなる旅エッセイです。
この「古都巡り」が、「古都のドラマを訪ねて」と題名も新たに文芸社から出版されました。(1575円)

煥乎堂ブックマンズアカデミー紀伊国屋WONDERGOO高崎店戸田書店高崎店ジュンク堂書店高崎店TSUTAYA各店文真堂書店各店タイムクリップ倉賀野店宮脇書店(藤岡)江原書店(太田)にて発売中です。もちろん、インターネット書店からも購入できます。


 

「古都巡り」最新の連載はこちら

※著者の許可がない場合、転載禁止です。

古都のドラマを訪ねて単行本

インターネットからもチェック⇒

文芸社HP・古都のドラマを訪ねてページ

 

古都巡りバックナンバー

「古都のドラマを訪ねて」が日本図書館協会選定図書に選ばれました。

日本図書館協会選定図書とは…

“日本図書館協会の図書選定事業は公共図書館・学校図書館・公民館図書室などの読書施設に図書情報を提供することを目的としています。戦後間もなく新刊図書情報が乏しい、1949年から図書館に新刊情報という性格と共に、公共図書館に備える図書の選定に参考となる書誌情報を、発信してきておりました。

現在は、年間6万点にも及ぶ新刊書籍の中から、図書館がどの本を蔵書として選ぶかを決める図書の選択は、図書館にとって最も重要な仕事であり、子どもたちに大きな影響を与えるだけに非常に大切です。 協会の選定図書は、各専門分野の選定委員約50名が、実際の書籍を一冊一冊に必ず目を通し、選択されたものです。”

日本図書館協会公式HP「図書の選定事業について」より抜粋

古都巡りバックナンバー

古都巡りバックナンバーです。ご覧になりたい回の番号をクリックしてください。

※著者の許可がない場合、転載禁止です。