【橋本新聞販売株式会社】朝日新聞サービスアンカー
高崎東部店:〒370-0063 群馬県高崎市飯玉町42

キャメルンからの手紙・トップページ

キャメルンからの手紙TOPページ(バックナンバー一覧)

キャメルンからの手紙

橋本新聞販売店が月に一度発行しているミニコミ誌「はしもとランド」と、
ホームページ「はしもとランド」で、大人気連載中の「キャメルンからの手紙」。
人が生きていく中で、何より美しく大切な「愛」と「命」がテーマの絵本「キャメルンシリーズ」の作者・空羽ファティマさんが、日々の中で感じた事を綴るコラムです。
読者の皆様への手紙のように…という思いで連載しています。

 

「キャメルンからの手紙」最新コラムはこちら

※著者の許可がない場合、転載禁止です。

キャメルンからの手紙・TOPページ、バックナンバー

キャメルンからの手紙バックナンバーです。ご覧になりたい番号(お話)をクリックしてください。

※著者の許可がない場合、転載禁止です。

キャメルンからのメッセージ

『生まれてきてくれてありがとう』
この言葉が、私たちが全ての人に伝えたいメッセージです。

 

私たちキャメルングループは、
育児に悩んでいるママたちが少しでも楽になるように、
そして日々いろいろなストレスを抱えながら生きている子供たちが、
自分の心の声を聞き、これからの人生を歩めるように、学校や育児支援サークル、
さまざまなイベントやカフェで、朗読&講演会を行っています。

 

(中略)

 

いま日本では、いじめや虐待、自殺が増え、社会全体に深刻な影をおとしています。
これは、自らの『命の重み』を知る人が少なくなっているから起きているのだと思います。

 

実際にママたちと話していると
「自分はちゃんと子供を愛せていない。いいママになれない」と悩み苦しむ方がたくさんいます。
ママ自身が自分に自信がなく、自分の『命』『個性』を本当に本気で大切だと思えないのです。

 

─キャメルン公式ホームページからの抜粋─
http://camelun.com/

作家のご紹介

絵本キャメルンシリーズを手掛けているのは、 作家・空羽ファティマ(くう・ふぁてぃま)、切り絵・海扉アラジン(かいと・あらじん)。 1作目のラクダの少年キャメルンの冒険物語からストーリーは、深く広がり、登場するキャラクターは50を超えます。 そんなキャメルンたちに命を吹き込む3人の作家をご紹介します。

 

作家のご紹介ページへ

海扉アラジンの切り絵
本のご紹介

現在キャメルンシリーズは、空羽(くう)ファティマが47作を書き上げています。 出版4作品をご紹介します。※ネット通販Amazon・紀伊国屋・煥乎堂・ ブックマンズアカデミーなどで発売中です。

 

本のご紹介ページへ

海扉アラジンの切り絵
企画室リポート

★「キャメルンからの手紙」企画室リポート!★

リポート06:2012年7月11日海扉アラジンの切り絵教室

リポート05:2012年3月2日東日本大震災復興支援チャリティ・朗読コンサートのお知らせ

リポート04:2011年12月2日朗読&フラメンコショーに行ってきました!

リポート03:2010年12月21日伊勢崎市立あずま中学校

リポート02:2010年12月20日〜30日ヤマダ電気 アートギャラリー

リポート01:2010年12月28日前橋プラザ元気21 こども図書館